某酒類メーカーさんのコンサルをさせて頂いていたころ、
酒販売店の従業員さんに、地域住民のお宅(取引のないお宅)を訪問してアンケートを取ってもらう、という施策を打ったことがあります。

「当店が地域のお客様に少しでもお役に立つ店になれるよう、アンケートにご協力いただけませんか?」と切り出して、
・普段はどんな種類のお酒をお飲みになりますか?
・銘柄はいつも決まっていますか?
・扱っている店がなくて困っている銘柄はありませんか?
・酒販売店に対して、ここを直してほしい等のご要望はありませんか?
だいたいこんな感じの質問をしてもらうんですが、
このアンケートを実施すると、どうなると思いますか?
実は、けっこうな確率で「注文が取れる=新規客が開拓できる」んです。(^^)

この手法が、そっくりそのままで今も通用するとは思いませんが、
「教えを乞う」という行為が、実は、相手の心を開かせるのに最も有効な手段であるということは、今も変わりません。
特に、始めたばかりの方、見るからに経験の浅そうな方が、真摯な態度で学ぼうとする姿は、相手の気持ちを動かします。

自分のビジネスアイデアのブラッシュアップをしながら、未来の顧客を作ることにもなるこの質問作戦、よかったら使ってみませんか?
(^^♪