自分をネガティブだと自認している人って、
どうも、「ネガティブよりポジティブなほうがいい」
「できるならポジティブな人になりたい」って
思ってることが多いように感じます。
「ポジティブになるために」って本や投稿はよく見かけるけど、その逆は目にしたことないしね。(^^)

でも、(昨日の続きになりますが…)
実際のビジネスで、堅実な「山(目標)」を選ぶべきときや、難しい山のルート選択の際には、ネガティブな慎重さを持ってる人のほうが、断然成功確率が高いです。(実際の山であれば、遭難する確率も少ないんじゃないでしょうか?)

要は、自分のことを
「ネガティブだから、なにも出来ない人」って思わず、
「ネガティブだから、慎重にものごとを進められる人」って
思うことが大切なんじゃないかと感じます。
(^^♪