開業している人なら、他者との違い・独自性を持ちたいって、
誰もが思っていると思いますが、なかなか難しいですよね。(^^)
そこで、独自性の出し方の1つとして、「顧客の欲求を、一段深く掘ってみる」というやり方があるので紹介しますね。

例えば、私の場合を例にすると、
独自性のある起業セミナーを考えたい。
でもそのままだと、範囲が広すぎて考えずらい。
そんなとき、
「起業したいのに起業しないのは、なぜ?」
と一段掘ってみる。
そうすると、
①資金がない
②経験がなく不安
③準備の時間が作れない
④勇気が出せない。踏ん切りがつかない
など、たくさんの「第2の穴」が見つかります。
私の場合は、ずっとランチェスター(弱者の戦略)をやってきたので、
①を選んで、「小資金起業セミナー」を作って始めました。

今でこそ、小さい起業とかプチ起業とか言って同類の言葉が溢れてますが、
その当時はほとんど手つかずの市場だったので、応募がどっと増えました。
私は、ドリームゲートというものを使ってセミナーの集客をしてるんですけど、
それまで、ドリームゲートからの集客はゼロだったのに、
「小資金」を始めたら、単月ですけど、たぶん、Best3から5に入ったと思います。
今では、「女性 起業 小資金」でググると、私の情報が1番上に表示されるようになりました。(^^)
実際には、こんなワードで検索する人なんていないから意味ないですけどね。笑
でもまあ、独自性は作れていると思います。

第2の穴の選び方にはいくつかのポイントがありますが、
一番大事なことは、
「自分が塞ぎたい穴を選ぶこと」。
こうすることで、
独自性があり、「顧客本位」かつ「自分本位」でもある
商品やサービスを作ることができます。

このお正月休みに、ぜひ試してみて下さい!。
(^^♪

鳥と虹