「企画脳」という古い本に書かれている話です。

その職種における序列・待遇といったものは、
細い川を一列で流れている丸太のようなもので、

自分の前には先輩放送作家が、後ろには後輩がいて、
この順番もギャラのランクも、川の流れに身を任せていたら、絶対に変わらない。

その流れから一歩抜きんでていこうと思うのなら、
丸太を一度陸に上げ、トラックに乗せてずっと前まで走って行く必要がある。

秋元さんにとっては、それにあたるのが「作詞」だったそうです。

「作詞もできる放送作家」、「放送作家の視点で歌詞を書ける作詞家」という肩書を持つことで、序列を一気に上げられた、ということですね。

今、男女問わず起業者にとっては、新しい丸太が日々増えて、どの川も大渋滞です。

お客さまの視線が届くのは、流れの先にいる先輩ばかりで、
同じことをしていては、絶対に流れの先にワープできません。

かといって、極端なことをすれば、狭い世界なので生きにくくなる。

こんな状況だから、秋元さんのこの方法、私たちにも参考になりますよね!

要は、今の自分の柱のそばに、もう一本、サブの柱を立てるということですね。

2本の柱が遠すぎて、シナジーが無いようだと意味がない。

かといって、近すぎて目新しさがなければ、これまた意味がない。
(コンサル業界で言えば、税理士・診断士・社労士・行政書士を複数持つようなもの。みんなそうなので、全然差別化にならない)

程よい距離で、他の人があまり立てていない2本目の柱。

ぜひ、探してみましょう!