いつも、ありがとうございます。

夢BizクリエーターHiroです。

今日の「売上UPのきほん技法」は、

★奇抜さで印象を残す

(【売りのきほん5.記憶させる技法】)

 

5030027_s

覚えてもらわないと買ってもらえない


人がモノを買う時、即決即買いするとは限りませんよね。

いったん持ち帰って検討して、そして、買う。
商品の値段が高いものほど、こういうパターンが多くなります。

その時大事なのが、というか絶対に必要なことが、

ジブンの商品・サービスを覚えてもらう、

ということです。

 

5030027_s

ありふれたものでは覚えてもらえない


では、人はどのようなものを覚えるのでしょうか?

人に覚えてもらう方法はたくさんあると思いますが、

1つだ明らかに言えることは、

「人は、いくら新しくても、今までと同じようなものは覚えない」

ということです。

言い方を変えると、

今までにない、奇抜なものほど、覚えてもらいやすい、
ということです。

例えば、このマッサージチェア。

20161102_084006000_ios

売場が、まるで、ちょっと高級な時計やスーツ、ゴルフ用品のような、
洗練された雰囲気の売場になっています。

そして、「骨盤が凄い」というキャッチコピー
他のマッサージチェアにはない、ピンポイントで訴求してきていますね。

この2つの「他とは違う」要素で、
もっとも品種の多いお手頃価格の商品なのに、
お客様に、とても強い印象を残すことに成功しています。

 

5030027_s

屋号や商品名を工夫しよう!


さて、それでは、
お客様に印象を残し覚えて頂くために、
私たちが最初に取り組むと良いものはなんでしょうか?

私は、名前(屋号や商品名)なんじゃないかなと思います。

 

私事になりますが、

私の「鶴」という苗字は、
人の印象に残る、とても覚えて頂きやすい名前です。

こどもの頃は、ちょっと嫌いでしたが、
仕事をするようになってからは、
この苗字のお蔭で、たくさん得をしました。(^^)

「鶴田」や「鶴岡」だったら、こうはいかなかったような気がします。
(鶴田さん、鶴岡さん、失礼なこと言ってごめんさい)

だから、

自信を持って言えるのですが、「良い名前」は役に立ちます!

屋号(会社名・店名)と商品名は、

相手に印象を残し、覚えて頂くための、
もっとも効果的な「武器」なんです。

 

あんまり工夫が感じられないものがたくさんありますが、
それは、もったいないです。

奇抜さ・ユニークさがあって、特長・強みも伝わる名前。

ぜひ、考えてください!

 

今回も、最後まで読んで頂いて、ありがとうございます!

記事では表示させず、チェックリストに表示させたい文章と画像をここに入れます

 


 

▼「客育て」のしくみやしかけのつくり方を学びたい方へ。

 もっと成功したい女性のための『お客様を増やす基本ノウハウ』

※自宅など好きな場所で受けられるオンライン受講もあります。

 

▼ちょっと聞いてみたいこと、が気軽に聞けます。

初めての方は無料/30分。

 ON-LINEプチ・コンサル