昨日の『下町ロケット』を見ていて、30代の初め頃、ある社長から頂いた「教え」を思い出した。
「想いを伝えるのは大切だし、自分の事業や商品に懸ける想いを伝えて、共感・応援を得ようするのもいい。
だけど、もし明確な独自性を示せないなら、それはやめておいたほうが無難だよ。
なぜなら、それだけの想いがあるのに独自性がないとなれば、その想いは口先だけと思われる恐れがある。場合によっては、想いはあるが能力がない人と思われてしまうかもしれない。
自分の想いを伝えるのなら、
まず、自社の独自性や優位性を見せて、これを作り上げられたのはこんな「想い」があるからです、と伝えるのが正解。」

「熱意」を武器にしがちだった当時の私にとって、厳しい言葉ではあったけど、「自分にできること」に相応しい関わり方をすることが一番大切と気付かせて頂いた貴重な教え。
(^^♪