自分のチラシやパンフレットを、地元のお店(カフェ・レストラン・美容院・その他の小売店など)に置いてもらっているという方、たくさんいらっしゃると思いますが、
その効果のほどはいかがですか?

置いてもらえるのは有難いけど、集客にはあまり効果がないという場合も少なくないんじゃないでしょうか?

昔、とあるNPO法人の活動資金獲得の応援をしたときに、募金箱を地域のお店100軒に置いてもらうという活動をしたことがあります。

100軒設置し、しばらくして集計してみると、
9割以上がほとんどゼロ円だった中で、、数万円の募金が集ったお店が4~5軒だけありました。

なぜ、これらの店でだけ、飛び抜けた募金が入れられたか?
不思議ですよね。
なので原因を調査しました。

その結果、分かったことは、

たくさん募金が集まった店は、そこのご主人が、お客さんにそのNPOのことを説明し募金をお願いしてくれていたのです。
(実は、ご主人自身も少なくない金額を募金してくれていました)

そして、それらのお店は、ある一人の担当者が受け持っていた店であることも分かりました。

その担当者は、募金箱を設置した後、頻繁にお店を訪問していました。
訪問しても特別なことをしていたわけではありません。
ただ、ご主人やお店の方と親しくお話しをするよう務めていただけでした。

チラシ・パンフレットを設置して頂くだけでも大変かもしれませんが、
もう一歩先に進んで、そのお店の方と、人と人としての関係をつくることが大事ということですね。

そのNPOの担当者は、私にこんなことを言ってくれました。
「この活動のお蔭で、それまでの自分だったら知り合わないようなステキな人とたくさんお友だちになれました。とても感謝しています。」